水面特性

瀬戸内海に面している児島ボートは、潮位の干満によって大きく水面状況が変わります。
満潮時は水面のうねりの影響により、ターン時に舟がバタつきやすく、センターからのまくりが大きく流れるケースがあります。したがって満潮時にはインコース(1、2コース)が特に有利との声が多いようです。

干潮時には一転して、穏やかな水面状況になり、まくりなどのスピードを活かしたターンが決まりだす。

潮の干満は2〜3メートル、海水の濃度が濃いためか他の競走場に比べて、体重の差が出にくいとの選手の感想です。